黒鉄・改

お仕事

「黒金・改」について

連載当初に考えていたプロットを全部やろうと思いました。

途中中断しましたが書き終える事ができて、これに関しては

思い残す事がなくなりました。

お付き合いしてくださった読者さんに感謝しております。

アクションには向かないという事を痛感させられた作品で

すし、またこだわりも無いんだと気付かされました。

渡世人という虚無的な人物像を描きたかったのです。